講座内容

トピックス講座

  • 養成講座+(PLUS)
  • 更新講習

養成講座

  2019年度『地盤インスペクター養成講座+(PLUS)』プログラムの内容
ガイダンス 10:00〜 開会、事務連絡(会場案内他)、講座の進め方 他
+(PLUS) 激白!!地盤事故の実態(沈下事例紹介)
・地盤事故事例
・代表的な沈下修正工法紹介
・沈下修正工事の実施例
  地盤適合耐震住宅
・wallstatの活用紹介
第1講 地盤事故ZEROをめざすなら安全基準を正しく理解する
  1. 地盤事故は何故起こるか?何故なくならないか?
2. 住宅地盤評価の落とし穴!
3. 地盤事故ゼロを目指すには!
第2講 地盤事故ZEROをめざす効果的な地盤調査のススメ
  1. 宅地における地盤調査の実態と特徴〔万能な地盤調査方法はない〕
2. 簡易法の組合せ補完とデータ数確保による地盤品質精度の向上
3. マップと微小微動アレイ探査法とSWSの組合せによる精度向上
  質疑・補足解説
第3講 住宅倒壊ZEROをめざすなら構造理解は必修
  1. 地震の被害状況
2. なぜ構造計算が必要か?
3. 耐震設計の変遷と耐震性能の状況
4. 構造設計方法と関連法規の整理
第4講 住宅倒壊ZEROをめざす設計方法を伝授
  新築住宅編
1. 構造計画について
2. 特殊形状の構造設計
3. 基礎簡易設計プログラムの解説
  既存住宅編
1. 耐震診断と補強設計のポイント
2. 耐震設計の前提条件と耐震診断法の活用
3. 耐震補強設計のポイント
質疑・補足解説 質疑・補足解説、事務連絡、閉会 〜17:00終了予定

プログラムの詳細はこちら(PDF)

<講座概要>

過去に起きた平時・地震時の沈下事故を事例にして事故発生の原因考察、事故を未然に防ぐための知識、沈下対応、修復工法等の紹介といった、地盤と沈下を体系的に学べる新規講座です。
また 地震に強い住宅のための構造計画、耐震リフォームといった、家屋に関する耐震策も学ぶことができます。

<講師紹介>

中村裕昭

中村  裕昭

樺n域環境研究所 技師長
技術士(建設部門),地盤品質判定士,シニア地盤インスペクター

岡山大学環境理工学部 非常勤講師,茨城大学理学部 非常勤講師,環境省調査研修所 研修講師,地盤工学会 理事・専務理事・事務局長代行,地盤品質判定士協議会 事務局長,環境省環境アセス技術検討会 地下水・地盤分野担当委員,環境省地下水管理手法検討会 委員,地盤工学会各種地盤災害(地震,土砂,火山,他)調査委員会委員,地盤工学会各種規格・基準委員会委員,土木学会地盤工学委員会 幹事委員,土木学会木材工学委員会 委員,全国地質調査業協会連合会技術委員会 幹事会委員等を歴任
地盤工学会功労章を受章(2008年3月)

2003年4月〜日本大学文理学部 非常勤講師
2008年4月〜全国建設研修センター 研修講師
2015年4月〜東京地方裁判所 民事調停委員
2015年12月〜東京地方裁判所 専門委員

佐藤 実

佐藤 実

株式会社M’s(エムズ)構造設計 代表取締役
一級建築士、構造設計一級建築士、農学修士(木質構造建築物基礎構法)、性能評価員

東北工業大学卒業後、建築会社勤務を経て、M's(エムズ)構造設計を設立。
東京大学大学院修士課程を修了(農学修士)し、「構造塾」を主宰。
構造計算に関する研修、セミナーを各地で開催している。
専門は木質構造建築物の構造設計・構造計算、地盤判定。

「地盤インスペクター®講座」開催日程

講座開講時間:10:00〜17:00(9:30受付開始)

東京@ 2019年12月23日(月) 地盤工学会(文京区千石)地下大会議室
大阪@ 2020年1月22日(水) NLCセントラルビル(大阪市淀川区)3階大会議室
福岡 2020年2月17日(月) リファレンス駅東ビル Y-2会議室
博多区博多駅東1丁目16-14
東京A 2020年2月21日(金) 地盤工学会 地下大会議室
文京区千石4丁目38番2号
札幌 2020年3月2日(月) 第7松井ビル6階D あいあい会議室狸小路
札幌市中央区南二条西7丁目4-1
名古屋 2020年3月9日(月) 名駅ファーストビル8階 Bizsalon貸会議室
名古屋市中村区名駅4丁目26-10
大阪A 2020年3月16日(月) チサンマンション第7新大阪 1階貸会議室
大阪市淀川区西中島6丁目2-3

※会場は都合により変更になる場合もありますので、ご了承ください。
※受講申込後に会場を変更することはできません。

受講要件

受講要件:満18歳以上の者

受講料および講座内容

①養成講座受講料(テキスト代・税込)20,000円
※なお、養成講座を受講後「地盤インスペクター®」として活動するためには一般社団法人地盤安心住宅整備支援機構への登録が必要になります。

登録料

12,000円(税込)

  • 養成講座受講後、地盤インスペクター®として登録が可能です。
  • 有効期間は受講年度の2年後の年度末(今年度受講の場合2022年3月31日まで)となっておりますが、有効期間内に地盤機構が主催する登録更新講習を受講していただくことにより、更に2年間の有効期間延長が可能です。
  • 登録後は、地盤インスペクター®登録証の付与、名刺等への地盤インスペクター®記載ができます。

受講申込みの流れ

受講内容の確認
養成講座の内容について、ホームページでご確認ください。
受講の申込み
下記の申込みフォームに必要事項を入力の上、お申込みください。
受講料の振込み
申込み後、受付番号が記載された申込確認のメールが届きますので、そのメールに記載されている銀行口座に受講料をお振込みください(振込手数料はご負担ください)。
※受講料お振込み後の申込取消ならびに受講日当日欠席による返金は行いません。
受講日当日
「受付番号が記載されたメールのプリント」、「公的に自己を証明する写真貼付の本人確認書類」(有効期限内のもの)をお持ちください。テキストは当日配布いたします。
※公的に自己を証明する写真貼付の本人確認書類として、運転免許証・学生証・社員証・パスポート・住民基本台帳カードのいずれもお持ちでない方は、受講日までに必ずお問い合わせください。

お申し込みはこちら

このページのトップへ